Blog

セラピストの格言  ブログ 

「絶望の淵に居る人へ」 格言-89

『闇の中に書いた読めない文字、それは絶望


心は希望を失うと、光を失い闇を迎え入れてしまう。そこに文字が書き込まれる。それは「絶望」である。「希」の代わりに「絶」が、即ち、光が絶えたことを表す。

しかし、その文字は読めない。一筋の光が射し込まれない限り、自らが絶望の中に居ることに気付かない。その気付けない自分はある意味幸せである。一度その闇を出た者しか、そこが絶望の世界だったことに気付かない。

人間が最も不幸な瞬間は絶望の中に居ることではなく、希望が潰えた時である。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >「絶望の淵に居る人へ」 格言-89