Blog

セラピストの格言  ブログ 

「好奇心を失った人へ」 格言-80

『無意味な探索行為を純粋な好奇心という。それを幸か不幸か、すべての人々が失ったものである。唯一、天才だけが知的探求心として、子供時代の無邪気なそれをそのまま持ち続けた奇跡の人である


人は無意味な事・物を価値のないものと規定する。無意味な人の意味生成作用運動における意味のなさであって、真理の尺度において、価値がないとは言えない。

この世に存在するすべての生きとし生けるもの、存在する物質は、人間にとってすべて無意味、即ちその真理は判らないが存在する宇宙にとっては必然的意味の塊なのである。

その無意味に対する関心こそ好奇心である。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >「好奇心を失った人へ」 格言-80