Blog

セラピストの今週の格言  ブログ 

「いい人と思われたい人へ」 格言-68

『善人は、世間に重宝に使われ、悪人は秘かな憧れの、日陰者として嘲笑されることで、人々に善人の装いをまとわせる


善悪は相対的に存在するもので、絶対の善も悪もなく、唯、悪人を規定し、仕立て上げることで、その他の人々は何の造作もなく、相対的に善人になれるのである。

善なる行為は、絶対的な献身の心に宿った、身返りを求めないものである。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >「いい人と思われたい人へ」 格言-68