Blog

クライエント様の声  受講生の声  ご相談者様の声  ブログ 

好きなことと私の生きる意味「依存症」がテーマの精神分析講座を受けて

緑のハート
6月5日に受けた依存症をテーマにした精神分析講座では「存在がそこにあると認められること+存在している意味(私が生きている意味)の二つが相まって初めて人間は生きるという意味を作れる。これは全て自分以外の他者を前提としている。」「人間は18年間ずっと依存していて(頼らなければ生きていけない存在という意味で依存)、18年間は意味はなくていい。頼ることが生きていることになる。」といったお話を聞くことができました。

この講座を受けたことにより、私のこれまでのセラピー体験を言葉によって辿ることができました。

セラピーを受け始めた頃、私は“自分の居場所ができた”と感じていました。それは、セラピーに通うことが私の生きる意味だと思えたからです。先生が精神分析を好きで、私に関心を持ってくれて、楽しそうにセラピーをしている姿を見たから、自然とそう思えたのだと思います。私がセラピーに通うことを歓迎してくれて、そんな風に“人を喜ばせることができる私”であることは嬉しいことでした。この時の私は先生に依存していました。

数年のセラピーの後、“最初は先生に居場所を作ってもらったけど、今度は自分の居場所を自分で作ってみたい”と考えるようになりました。言い換えると、私の好きな対象(好きな人、好きな物、好きな事)が欲しいと思うようになりました。

好きで楽しいと思える対象が何かはわからなかったけど、触れ続けていれば私も対象を好きになれるかなと考え、自分の無意識を頼りに(精神分析家の言葉を頼りに)対象と向き合ってきました。先生の講座もその一つで、わからなくても続けていたら、“先生の講座って楽しいな、私って人間についての話を聞くことが好きなんだな”と意識できるようになりました。

ハートを持つ手

講座の後半は人間関係依存の話で「これは依存症ではなくて依存してほしい。というか人間はここでしか人間でありえないし、成長しない。ものと行為による依存では何も成長しない。」ということを聞きました。正に私はセラピーでその通りの道を歩んできました。

「私が多くセラピーで扱うのは依存できない人ばかり」と先生がおっしゃっていたように、私にも依存できる家族はいませんでした。だからといって人間として生きられずに、成長しないまま生涯を終えることには至りませんでした。親や兄弟の代わりに精神分析家である先生に依存できたことで、人間として生きることができているんだなと、今の私へとつながりました。(受講生 K)

個人セラピーを受けられた方の声はコチラ↓
《セラピストの一言》精神分析を受けた方の変容とセラピーについて

《引きこもり》

SHAREシェアする

一覧

HOME> >好きなことと私の生きる意味「依存症」がテーマの精神分析講座を受けて