Blog

コラム  ブログ 

セラピールームとは

Therapy roomの意義

分析家の社会的存在意義とは、「自己に成り切り、ありのままの自己をさらけ出す場」としての存在である。

社会的人間としては、人は常に評価され裁かれている。
何ものでもない一人の人間として自己がどうあるのかを自己確認する場としての空間。

そこには裁きも評価も批判もない。
自由空間として自己自身に出会える場こそ、therapy roomである。

クライエントの願いは、あるがままの自分に成り切ることなのだ

(精神分析家 蘇廻成輪 記)

SHAREシェアする

一覧

HOME> >セラピールームとは