Blog

セラピストの今週の格言  ブログ 

セラピストの格言-29

『女性は、愛がないとSEXできない。だが、SEXしないと愛が生まれない。どちらにしても愛とSEXは不離一体で、女性自身にしてもどちらが先か、愛の本質は分らないのである


 

女性は愛されているという受身的愛の備給と、求められているという必要性のシンクロの交差点で、男性に身を委ねる。

能動性の愛は欲望と一体化してしまうため、愛と性欲の弁別がつかなくなる恐れを回避するために、女性の愛は受身的になる。

それ故に、好きでも嫌いでもない人に求められた時、それを受け容れるか拒否するかの主体は存在しない。その時、ある地方の方言にあるように「そいぼれ(添い惚)」という現象が起きる。

それは身体的交流を重ねていくと情が生まれ、終いに惚れてしまうという意味のそいぼれになる。これが、SEXしないと愛が生まれないということである。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >セラピストの格言-29