Blog

セラピストの格言  ブログ 

「今を生きたい人へ」 格言-93

『今とは何か。それは痛みである。苦痛は濃密な今である


人間の時間は、時計の1分1秒の刻みではなく、心が意味付けしていく運動の連鎖が時を刻む。

欲望の運動がなければ心は動かず、時は動かない時制の区別は生じず、唯呆然たる想いがボンヤリと頭の中にあるだけで、今はない。

その空白に時を刻むのは、肉体の知覚である。その差異が時をつくり、時制を生み出す。今は知覚の中でも、痛覚が最も判り易く、確かである。その痛みの強さが、今という時の濃度をつくる。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >「今を生きたい人へ」 格言-93