Blog

今週の格言  ブログ 

格言-24 (2020.10.28)

『知は貯えるもの。即ち貯蓄と同じ構造である。何故なら、どちらも使わなければ意味がない。


 

知を憶えて、記憶するとは、まず知は概念化されて一箇所に集められ、そして、蓄えられる。

そのまとまりが、脳のある箇所に詰め込んで、とっておく。これが記憶の保存である。

これを必要な時に、随時取り出して使うのが知である。それは、お金の貯蓄と全く同じ構造である。

それ故、知が貯蓄できない人は、お金を貯金し、それを知の代用品として蓄える。

無知の証明である。

SHAREシェアする

一覧

HOME> >格言-24 (2020.10.28)