Blog

精神分析者の徒然草  ブログ 

徒然草-47《青空》

私にとって何が不可能なのか。それは真理を伝えること。私が知り得た真理を他者に伝えていくことの不可能を実感してしまった。何故伝わらないのか。それはどれほど委曲を尽くして語っても、それが全く理解されない。

そもそも人に思考する回路がないとさえ思ってしまうほど、論理が伝わらない。おそらく、その思考が出来る人を天才と呼んで、一部のほんの一握りの人にしか備わってない特別な能力として、人々は規定し、自ら考えることを放棄してしまったのだ。考えることは面倒臭いとして、何故か放棄した。
そして何も考えることなく日々漫然とすごし、唯死を待つだけの生きる屍になってしまった。だから、自ら生命を断つ必要もなく、唯生きて、いや生存して、死を待つばかりの存在になってしまった。



しかし、そんな人々の中でも少し考える人の一群がある。それは実業家と芸術家と社会運動家である。この一群の人々は行動し、ものを創り出し、それで社会と人々に貢献していると思い込み、剰えそれを使命とまで思い込んで、意気込んで生きている。

そんな彼らを社会は賛美し、もてはやし、祭り上げて賞賛し、表彰する。結局彼らは市民に奉仕させられているだけの、市井の人の幸福のための傀儡でしかない。彼らはそれに全く気付いていない。
それは、自分達は社会の成功者で市民より金持ちで、才能があり、権力もあり優者としての矜恃を持った幸福な人であるから。彼らの大義は社会貢献と人々の幸福のために働いているである。

結局そうして得た社会的名誉は、彼らが本当に求めていたものであろう。が、彼らはきっと不可能の文字に出会っている筈である。すべてを手にした様で、実は何も得ていないことに気付く。



それは人を愛し、好きになることが出来なかったこと。人は金と権力に群がり、その人を愛する訳ではない。愛によって近づき、信頼したのではない事に、世の成功者は知る。自分に何が欠けていたか、その時に気付く。

科学者だけは、全く別な不可能に出会う。それは人智を超えた知に出会うこと。人間の知では絶対に近づくことの出来ない何かに出会い、自らの無知を知り、そこで初めて「神の叡智」という概念を持つに至る。

科学者はこうして、絶望と不可能に向き合い、立ち尽くして、神の智を仰ぐのである。
その時目にするのは、青空である。

 

精神分析家 蘇廻成輪


 

SHAREシェアする

一覧

HOME> >徒然草-47《青空》