Blog

精神分析者の徒然草  ブログ 

徒然草-44《極意》

韓国ドラマ三作目を観てしまった。「ホジュン」に始まり、「王になった男」、そして「カンテク」を。ホジュンは心医で、王は龍になり、そして、カンテクは予知夢をみる人になった。
このドラマの流れが自分そのもので驚いた。もうこの先を観ることはないだろう。

ところでこの時代劇でもう一つ驚くことがある。それは、王室の各々の部屋の戸は、すべて自動ドアなのである。王が入る時と、出る時は、自動で戸が開くのである。
どんな仕掛があるのかと思ったら、戸係りの専門の娘が左右に配置されていたのである。



昔のホテルのドアマンの様に、入る時も出る時も扉は自動で開く。
現代では何処のどんな建物でも大方自動扉である。すると、我々現代人は王や王妃ということになる。

昭和演歌で一世を風靡した歌手が云った台詞が、今でいう流行語になった。それは「お客様は神様です」。ならば、現代人は「お客様は、王様、王妃様です」ということになる。
庶民が王室を憧れたのは、この自動扉だったのだ。
その想いは、現代にまで連なり、そして結実した。今や誰もが王室の人間なのだ。

この自己愛の備給を思いついた人は偉大だ。
商売は人を神にし、王にした。そして誇大自己を育てた。



その最終形が「おもてなし」である。この言葉を聞くと、私には「表無し」に聞こえる。それは「裏ばかり」と言っているのかと思う。
表は意識で、裏は無意識は精神科学の定説である。おもてなしは、人の心の裏に触れる行為だと言っている。

人の裏とは、他者に対して秘かに願い求めている思いを聞きとり、それに言葉と行為で応えて欲しいという甘えである。

日本人はこれを「痒い所に手が届く」気のきいた人と言って、誉めそやす。
この無意識的に求める甘えの心をくすぐるのが、日本人の美徳とされている。

それは精神療法の極意である。

 

精神分析家 蘇廻成輪


 

SHAREシェアする

一覧

HOME> >徒然草-44《極意》