Blog

精神分析者の徒然草  ブログ 

徒然草-42《好き》

ガソリンスタンドに給油に行った。そこに、爆音を轟かせてオレンジ色の地を這って滑るように侵入して来た車が、私の隣で止まった。

止まるなり、ドアを撥ね上げて、その翼の下から男性が降りて来た。
ニコッとしながら「こんにちは」と言う。私も10年の知己に逢ったように、「こんにちは」と返す。そのドライバーの車は、ランボルギーニ・アヴェンタドールだった。



彼はこれからむさしの村でミーティングがあり、やって来たと言う。
給油もせず、立ち話が始まった。話題は勿論、ランボルギーニとフェラーリについてである。彼は他に、F360モデナのカブリオレ(オープン)を所有しているという。

ドアが開いたままで、車内の様子が伺える。
マニュアルのシフトレバーは天空に向かって真っ直ぐに聳り立ち、光っていた。
彼が何を語りたいか、何を自慢したいか、手に取るように解る。

12気筒、マニュアルはもう稀少車中の稀少で、既に12気筒エンジンは人類工業遺産になってしまった。
私も一度はそれに乗りたかったが、今となっては夢のまた夢になってしまった。
全財産叩けば、乗れなくもないが、今はもうその機会を失ってしまった。



物事にはすべて時機がある。
人生には何度か大きな運命の波がやって来る。
それにうまく乗り切れるかどうかが、人の命運を分ける。

私にも41歳の時に、その大きな波が、押し寄せて来た。

私の未来はその時無かった。
会社の窓際に追いやられて、退職に追い込まれ、やむなく辞めて、次の新しい世界への第一歩を踏み出した。それが精神分析だった。

1992年9月の事である。当時、素人分析家など独りも無く、相談できる人も勿論なく、手探り状態の暗中模索の五里霧中の毎日だった。

それが、今日まで曲りなりにも分析家としてやってこれたのは、果たして何なのか。
私には全く判らない。それは自力を感じた事がないから。
即ち、私は一度も努力した事がなく、唯々日々分析の臨床を積み重ねてきただけだから。

一つだけ思い当たるのは、分析が好きということである。

 

精神分析家 蘇廻成輪


 

SHAREシェアする

一覧

HOME> >徒然草-42《好き》